口コミとランキング
厳選&比較

セサミンが抽出されてサプリメントになるまで

セサミンとは、非常に健康によい、美容に良いと、本当にいいことづくめの成分なのですが、これを直接セサミンが多く含まれるというゴマから摂取するとなると、非常に面倒なことになります。
何しろ、1日に必要だとされているセサミンの目安量というのは、10mgと言われているからです。
10mgと聞くとそこまでの量ではないと思いがちですが、ごまのひと粒における含有量が0.5%程度だとすれば、その希少さ、そして必要になるごまの量がわかるでしょう。

数字にすると、一日に必要になるゴマの数は、約3000粒にもなるのです。
しかし、いくら健康によいといっても毎日3000粒もごまを数えるわけにはいきませんし、高カロリー食品として知られるごまをこれだけの量食べると、やはりカロリーも気になるところになります。
そこで、よく薦められのが、サプリメントとなるのです。

人気であるセサミンですが、実際にはどのような働きがあるのでしょうか。
さて、セサミンとは、みなさんも御存知の通り、ゴマに最も含まれている、ゴマリグナンという成分を構成する物質を示します。
セサミンは、健康に有効ですが、同時に若々しさを保つことによって、美肌を保つということができます。

この、美容にも効果があるとして最近注目されているのですが、健康においても生活習慣病の発端となる動脈硬化を防止するといった役割もあります。
毎日取る成分として薦められるのは、このような多彩な効果からだと言えます。
さて、こんなセサミンをサプリメントにする際にはどのような作業が必要になるのでしょうか。
この技術は、そのメーカーによって異なり、人工の化学用材などを使用し、薬剤を加えて抽出してサプリメントを作るメーカーもありますし、逆に昔ながらの手法の圧搾製法を採用して、それを売りにしているメーカーもあります。
その手法は異なりますが、結果的に出来るセサミンの成分自体には違いはないので、作り方で品質が大きく異る、という事はあまりないでしょう。

トップに戻る