口コミとランキング
厳選&比較

セサミンと一緒に摂ると効果的な組み合わせは?

セサミンを摂取している人の中には、疲れを取るためにセサミンを摂るようにしている、と言う人がいます。
もちろん、セサミンには、その抗酸化作用から、非常に有効な疲労回復成分と言えます。
セサミンの抗酸化作用というのは、その効果が発揮される場所に特徴があります。

もちろん、自然界には、セサミン以外にも抗酸化作用を持つ物質はたくさんあります。
レモンなどに含まれるビタミンCなんてのも有名ですね。
しかし、これらの成分と異なり、セサミンは、特に肝臓にて抗酸化作用を発揮します。

肝臓とは、体の解毒工場であり、体の生産工場です。
体に取り込まれた栄養素は肝臓において解毒されたり、体の構成分の1つに変換されるのです。
そのため、肝臓において活性酸素が溜まって、肝臓の動きが悪くなると必然的に疲れが回復されず、次の日まで疲れが残るという現象を生むのです。

そのため、肝臓にて集中的に活躍するセサミンは疲労回復には効果てきめんなのです。
しかし、セサミン単体ではなく、ここでクエン酸を組み合わせることでより効果的に疲れを取ることが出来るということをご存知でしょうか?
クエン酸といえば、梅干しなどに含まれているすっぱい成分です。

主にみかんなどの柑橘類に含まれています。
このクエン酸には、疲労の原因となる乳酸の生成を抑制作用があり、その結果、肉体的疲労だけでなく、脳への疲労にも効果があるとされます。
その具体的なメカニズムは、体内にて完全燃焼できなかったブドウ糖が筋肉に蓄積され、疲労の原因物質であり乳酸に変換されるのですが、クエン酸には未分解ブドウ糖を蓄積前に分解する力があるので、乳酸が生成する前にストップをかけてくれるのです。

生成を抑制してくれるのです。
そのため、セサミンには、薄毛治療以外にも、貧血、さらに男性機能の改善にも期待できるのです。
発毛や育毛以外にも、様々な健康効果が期待できるセサミンとクエン酸の組み合わせは、日常的に摂取しておきたい成分というわけです。

トップに戻る