口コミとランキング
厳選&比較

摂取すると効果的なタイミングって?

セサミンという物質は、その強力な抗酸化作用で知られています。
そして、セサミンは、肝臓において効果を発揮することから非常に健康によいとされています。
それは、肝臓という臓器が人の体の中でも非常に精密で、とても重要なエネルギー生産工場の役割りを担っているからです。

その働きは、摂取された食べ物が腸から吸収された栄養素を取り込み、それを体の材料になるようなたんぱく質の原料、すなわちアミノ酸に変換し、生命維持のためのエネルギーを作り出すことです。
このエネルギー産生の際に有害な酸素を利用するため、最も活性酸素が発生しやすい場所なのです。
また、アルコールなどを飲んだ際、体内に入り込む有害物質や毒素などを分解し、最終的に体の外へと排出するという働きもあります。

お酒を連日飲めば、休肝日を作る、ということからも、肝臓でアルコールが分解されることが一般的に知られていることだとわかります。
このように肝臓には、これだけに限られず、他にも様々な働きがあります。
そのため、肝臓の活性酸素を除去することで健康を維持するセサミンは非常に体に良いといえるのです。

さて、このセサミンが体にいいことは分かりました、ではその効果を十分に引き出すためには、実際に一日の内のどのタイミングで摂取したらいいのでしょうか。
通常、サプリメントであれば、一日3粒、毎食ごとあるので、それに従った場合が最も効率的でしょう。
しかし、もしごまを通してセサミンを摂取したかったり、一度に摂取しなければならない場合、いつが効率的なのでしょうか。
セサミンは、水溶性であり、そのことから一日程度しか体にとどまらないので、そのことを考えると、朝に飲めば、その日一日はセサミンの効果があると想定できることから、効率的といえるかもしれません。
ですが、やはり必要なのは継続的にとり続けることなので、タイミングではなく、必ず毎日摂ることを重要視することが大事だと言えます。

トップに戻る