口コミとランキング
厳選&比較

セサミンの副作用って?

セサミン自体は天然の植物由来であることから、大きな副作用というのはないとされていますが、もしこれがアレルギーと関連してくると、副作用に繋がる可能性が出てきます。
まず、セサミンの関連するものとして、食物アレルギーがあります。
これは、特定の食物の摂取が原因となってアレルギー反応が起こり、その結果、じんましんや呼吸困難など、様々な身体症状が出てしまうことをいいます。

日本においては、大体1歳未満の子供の約10%、3歳であれば約5%、学童以降となると1.3~2.6%が食物アレルギーである、という報告があります。
原因となる食物、そしてそれによって起きる症状と言うのは、体質によって人それぞれですが、ただしそれが食中毒やふぐやきのこなどの毒性食物による反応、そして体質的に乳糖が消化できないことから起こる下痢などは、この食物アレルギーの分類には含みません。
平成14年4月から食品衛生法関連法令に則り、アレルギー物質のうち、特定原材料5品目と呼ばれる卵や乳、小麦、そばそして落花生を含む食品については、その成分を含むという表示が義務となりました。

さらに平成20年6月からはこれにえびやかにが追加され、結果、表示義務がある食品は、合計7品目となりました。
これは、表示することを通じて、消費者の安全のために情報提供を行うことで、アレルギー発作によってひきおこされる健康危害を防ぐことを目的としています。
したがって、例えごく微量しか含まないのであっても、特定原材料を含んでいる、もしくは混入されている場合は、その事をきちんと明らかにする事が求められます。

ここまで見ると、セサミン、しいてはごまに対する心配はないと思われるかもしれません。
ですが、最近では、セサミンの効果を目的に大量にごまを摂取するという人が増えてきていることから、突然のごまの摂取からごまアレルギーを発症するという人が増えてきています。
これは、もともとごまアレルギーではなかったという人も多いことから、もしサプリメントによって何か異常があったら、摂取を中断するようにしましょう。

トップに戻る