セサミンで脂質の異常を改善しよう
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンで脂質の異常を改善しよう

セサミンが脂質異常症の改善に効果を発揮してくれます。

どのような効果があるのでしょうか?
まずは脂質異常症とは何かを理解しましょう。
現代病とも言える脂質異常症にはいくつかの種類があります。

1;“高コレステロール血症”
総コレステロール値が220 mg/dL以上の状態をいいます。

2;“高LDLコレステロール血症”
血液中の悪玉コレステロール値が140mg/dL 以上の状態です。

3;“低HDLコレステロール血症”
血液中に善玉コレステロールが少ない状態で、 HDLが40mg/dL未満の場合ですが、 脂質が少なすぎても心血管疾患の危険が高くなります。

4;“高トリグリセリド血症”
血液中に中性脂肪が150mg/dL以上の脂質異常です。
日本人ではこのタイプが増えています。
特に内臓脂肪型肥満の人に多くみられる症状です。

適度なコレステロールは身体に必要不可欠ですが、 値が高すぎたり、善玉と悪玉のバランスを崩すと 動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、その他 血液循環に伴う様々な病気を引き起こします。
基準値に沿ってLDL(悪玉)とHDL(善玉)のバランスを保ち 血管内にコレステロールが貯まるのを防ぐことが重要です。

実験によると、セサミンを摂取した後に コレステロール値の高い食品を食べた場合、 総コレステロール値が下がり、HDL(善玉コレステロール)値が増加しました。

この結果はLDL(悪玉コレステロール)値が下がるということを意味します。

同様の結果は高コレステロール血症の人がセサミンを飲んだ際にも見られました。

セサミンは血管内のコレステロール値の改善に効果を発揮します。

現代社会の食生活では外食やコンビニ、スーパーなどのお惣菜、 加工食品の摂取が否めません。
またどうしても高カロリー、高脂肪、 特に食の欧米化により動物性脂肪の摂取量が増加しています。

さらに加齢に伴う肝臓の機能低下や 更年期や閉経などによる女性ホルモンの減少、 運動不足やストレスの多い生活など 様々な原因でコレステロール値は増加したり、バランスを崩します。

このような対処しにくい問題にセサミンが効果を発揮します。
規則正しい生活と食を心がけると共に セサミンを摂取して脂質異常を改善し 健康生活を手に入れましょう。

トップに戻る