セサミンと若さの関係
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンと若さの関係

若さを保つためには身体の抗酸化力を維持し、 活性酸素を増やさないようにすることが非常に重要です。

しかし身体本来が持っている抗酸化力は年齢とともに低下してしまいます。
そこで身体の中により発生しやすくなった活性酸素を退治するために 注目されているのがポリフェノールです。

このポリフェノールは植物が日光を浴びることで発生する活性酸素を除去するために 自ら生産する抗酸化物質で、人はポリフェノールを含む様々な食物を摂ることで 身体の活性酸素を除去することができます。

セサミンもポリフェノールの一種であり、ゴマの中に含まれている成分なのですが、 このセサミンの抗酸化力、特に秀でているので注目されているのです。

若さを保つためには身体の各機能の細胞を酸化させないようにすること、 そして体内の毒素、有害物質を排出し体内に残さないようにすることです。

セサミンは体内に取り入れられてから肝臓で消化吸収される特徴があります。
肝臓とは体内の化学工場とも言われている臓器で、 食物から取り入れられた栄養素を分解してエネルギーを作り出したり、 毒素やアルコールなどを分解して体外に排出する機能があります。
それで、若さを保つための要の器官の一つといえますが、 肝臓に負担がかかり過ぎたり、老化によって肝臓内の酵素が減ると 肝臓の機能が低下し、エネルギーが思うように作られず、 また毒素も分解されにくくなると、 体内の細胞がエネルギーを十分に吸収できず 若さや元気が保てなくなってきます。

それでセサミンの抗酸化力が肝臓で作用し、 肝臓をイキイキと保つことで、 身体全体の若さが維持できるのです。

セサミンの効果で、疲れにくくなった、 飲み過ぎた後に具合が悪くならなくなった、 寝つきや寝起きが良くなったと言うだけでなく、 髪の毛に艶が出るようになった、抜け毛が減った、 肌つやが増した、しわが減ったなどの 外見の若さにも違いが出ています。
身体が元気になると心も前向きになり、 心身ともに若さを保つことができますね。
セサミンで身も心も若くあり続けましょう!

トップに戻る