セサミンを飲むとよい時
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンを飲むとよい時

セサミンはどんな時に飲むと特に効果を発揮してくれるでしょうか?
飲み会の前に飲むことで二日酔いや悪酔いをしにくくなる効果があります。
年末年始の忘年会新年会など飲み会が続くときや 取引先の接待や職場の飲み会で断れない時、 また楽しくてつい飲み過ぎてしまうような時。
出かけて行く前にセサミンを摂りましょう。
セサミンが肝臓の機能を向上させてくれます。

セサミンにはアルコール脱水素酵素(ADH)と アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きを活性化させ、 素早く体内のアルコールとアセトアルデヒドを分解する働きがあります。
アルコールの分解量を増やしてくれますから 二日酔いや悪酔いを防ぎます。

またセサミンの抗酸化作用によって肝臓損傷を防いでくれます。
肝臓が損傷するとアルコールの分解速度が落ちますから この点でもセサミンにより肝臓を正常な状態に保ち、 二日酔い、悪酔いを防ぎます。

実際にセサミンを摂取した後に飲み会に行き、 たくさんお酒を飲んでも次の日にすっきり起きられるという声を聞きます。
またお酒を飲むとすぐに顔が赤くなってしまう人も セサミンを飲むと赤くなりにくいという声もあります。
お酒を飲む前にはぜひセサミンを摂取しましょう。

また、子宮筋腫や卵巣のう腫などの病気で 卵巣まで手術ですべて取ってしまう場合、 卵巣から女性ホルモンが分泌されなくなるため 更年期障害が起こる可能性が高くなります。
ホルモン剤を注射するなどの治療法がありますが、 セサミンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため 手術後にセサミンを摂取することで 更年期障害の症状を緩和する効果があります。
卵巣にかかわる手術の後にはぜひセサミンを飲みましょう。

セサミンは運動前に摂取することでも体内の活性酸素を減らし 運動中、運動後の疲労感を減らしてくれる効果があります。
マラソン大会の前、登山の前、ハードな運動の前にセサミンを飲みましょう。

トップに戻る