セサミンと相性の良い成分
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンと相性の良い成分

セサミンは副作用のない成分で、 特に相性の悪い成分の報告もありません。

しかし、開発研究の段階で、 1+1=2以上の効果が出た成分が ビタミンEです。

ビタミンEもセサミン同様 抗酸化作用の高い成分で、脂溶性です。
主に大豆油、サフラワー油、ひまわり油などの油類や 魚卵類、アーモンドピーナッツに含まれている成分です。

ビタミンEは同じく抗酸化物質と一緒に摂ることで その抗酸化力をさらにアップすることができるようです。

セサミンの抗酸化作用は肝臓で働きますし、 肝臓で濾過された血液にも影響を及ぼします。
例えばコレステロール値を安定させたり、 血液の流れをスムーズにする働きがあります。

ビタミンEは血液中で作用し、 悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、 善玉コレステロールを増やす働きがあります。

セサミンとビタミンEの抗酸化作用の相乗効果で 体内の活性酸素を減少させ、老化と病気の予防に効果を発揮します。

ほかにもセサミンとの相性の良さがうたわれているのは 玄米の成分でポリフェノールの一種オリザプラスです。

これはサントリーが開発した新成分ですが、 玄米の効果は最近美容と健康のために注目されています。
玄米には食物繊維だけでなく、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれており 自律神経の乱れを改善したり、更年期の障害に効果をもたらします。
また、アルコールによってダメージを受けないよう肝機能を保護する効果や 血液の酸化を防ぐ効果もあるようです。

セサミンは女性ホルモンと似た作用があり、 自律神経に働きかけ更年期障害を緩和しますし、 肝臓で活性酸素に働きかけ効果をもたらしますから、 セサミンと玄米のポリフェノール成分オリザプラスの相乗効果で さらなる効果を期待できます。
実際実験によってセサミンとオリザプラスを一緒に摂取すると 疲労感の回復効果が高まることが証明されています。

強い抗酸化作用を持つゴマの成分セサミン。
同じ抗酸化成分との組み合わせでますますの効果を期待できます。

トップに戻る