セサミンで肝機能が向上!
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンで肝機能が向上!

近年若い女性にも増えている重症型アルコール性肝炎。
さらには5人に1人がかかっていると言われる脂肪肝。
多くの肝臓の病気はお酒の飲みすぎと栄養の摂りすぎにより起こりますが、 そのほかにもB型やC型肝炎などのウイルスのキャリアも多く、 C型は200万人にも上ると言われています。
日本では肝炎や脂肪肝、肝硬変などの肝機能障害から 肝臓がんに発展しての死亡率が癌の中で4位を占めています。
どのように肝臓の機能を維持し、健康を保てるでしょうか? まずは肝臓の役割について理解してみましょう。

体内の化学工場ともいわれている肝臓。
タンパク質、糖類、脂質を分解してエネルギーに変換します。
また肝臓ではアルコールも分解しますし、 毒素や有害物質を分解して体外に排出する役割もあります。
肝臓で変換されたエネルギーや栄養分が血液によって身体全体に運ばれ、 健康が維持されています。

この絶えまなく動いている肝臓では、活性酸素も大量に発生しています。
活性酸素は正常細胞を攻撃し癌化させるので、 それを防ぐために抗酸化物質、つまり酵素が必要です。
肝臓の中にはSODという活性酸素によって 自ら活性酸素を退治する機能がありますが 肝臓に負担をかけすぎる食生活や飲みすぎにより肝臓の機能が低下したり、 または老化によって急激にこの酵素の量が減少します。
そこで注目されているのがセサミンの抗酸化作用です。
セサミンは肝臓内の抗酸化力を高め 肝臓疾患の原因となる活性酸素を除去し、肝臓の健康を保つのを助けてくれます。
特に老化に伴う肝臓の機能低下を補うのに最適な栄養素なのです。

肝臓は沈黙の臓器とも言われ病気が悪化するまで症状が見えにくい臓器ですが、 多くの機能を果たし身体全体の健康維持に欠かせない非常に大切な器官です。
セサミンで肝臓の機能の維持と向上を図りましょう。

トップに戻る