セサミンの歴史
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンの歴史

今ではメジャーな健康食品の一つ“セサミン”。
実は30年ほど前に日本の大手酒造メーカーが開発した商品です。

1980年代初め京都大学とサントリーが共同で “夢のあぶらプロジェクト”を始めました。
さまざまな油を研究しその過程で 必須脂肪酸のアラキドン酸を作り出す微生物を発見します。
しかし、ゴマの油からはアラキドン酸が作られないことから 研究を進めていくうちにセサミンの発見に至ります。
実はこのセサミン、早くから日本ゴマ科学会にもしられていたのですが、 その効能が認められていませんでした。
サントリーは引き続き九州大学名誉教授と 共同でセサミンの効果効能を細かく分析、研究します。
さらに2㎜ほどしかないゴマの1%にもみたない セサミンの抽出技術の開発に取り組みます。

1993年には第一号のセサミンを発売。
ところが、なかなか思うように売れません。
さらなる研究開発を続け、 1996年にはセサミンと相性の良いビタミンEを配合した商品を発売します。

その後トコトリエノールやコエンザイムQ10 、 プロポリス、ローヤルゼリーといった 健康成分と一緒にしたシリーズを発売し 2008年に農芸化学技術賞を受賞。
この頃やっとセサミンを摂取する人も100万人を超え 徐々に知名度が上がってくるとともに 他社でもセサミンを売り出すようになってきました。

ゴマは世界中に知れ渡る栄養価の高い食品ですが、 セサミンの知名度はゴマほど高くはありません。

しかし、その効果効能の研究発表が世界中でなされ ますます注目度を集めているセサミンですから これからも人気が上がっていく栄養成分といえるでしょう。

トップに戻る