セサミンと不妊症
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンと不妊症

近年の晩婚化に伴い出産年齢が高齢化しています。
また、若くに結婚しても、仕事やその他の事情で子供を作る予定がなく 三十代に入り、そろそろ子供をほしいと思った時にはなかなか出来ないという方もいます。

不妊とは特定の病気のない夫婦が避妊をせずに 性生活を営んでも1年以上妊娠しない場合をいいます。
不妊の原因の一つとして、卵子の老化により受精しにくくなり、 また受精しても成長しにくくなってしまうことがあげられます。

その点、女性ホルモンのエストロゲンは排卵を促し、 またプロゲステロンは卵子が着床する子宮内の環境を整える働きがありますので 女性ホルモンがしっかりと子宮や卵巣に届き働いていることが妊娠するためには大切です。

セサミンには女性ホルモンと似た働きをする作用がありますので、 セサミンの摂取が女性ホルモンの働きを向上させ、不妊によい効果がみられるでしょう。

さらに冷え性や低体温により血液の循環が悪くなることでも不妊に影響を及ぼします。
血液の流れが悪く身体全体、特に子宮や卵巣に栄養素がいきわたらないと 健康な卵子が作られませんし、子宮も着床する準備を整えられません。
さらに、血液を通してくる栄養分やホルモンも十分に届かず、 生殖機能の低下が起こり、不妊になる可能性が高くなります。

ごまの成分セサミンは肝臓に働きかけ血液の中に老廃物が混じらないようにしてくれます。
血液をサラサラに、栄養分をしっかりと身体のすみずみまで届けてくれるので 冷え性が改善され子宮や卵巣を温め保護することができます。
さらによく循環されている血液からも十分に栄養素やホルモンを 子宮や卵巣に届けることができるのでより妊娠しやすい身体になります。

セサミンの女性ホルモンに似た作用と、血液サラサラ、 冷え性改善効果によって不妊を改善していきましょう!

トップに戻る