セサミンと痛風
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンと痛風

痛風とは体内に蓄積された尿酸が関節などで結晶化し炎症を起こす病気です。
突然足の親指の付け根やくるぶしなどに激しい痛みが起こり、一週間ほど続きます。
この痛みは体内で作られる尿酸が原因で起こります。
血中尿酸濃度が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断され、 高尿酸血症の状態が長く続くと、血液に溶けきれない尿酸が結晶となり 関節に沈着し、痛風を引き起こします。
痛風は薬ではなく健康食品やサプリメントなどで 体内環境の改善をすることが最善と考えられている疾患の一つです。

痛風の予防と改善には尿酸値を下げることが鍵となります。
プリン体は体内で代謝され尿酸を作り出すので、 プリン体を含む食材を少なくとることや水分を多くとること、 尿をアルカリ化する食品(野菜、海藻類、イモ類などのアルカリ性食品) を多くとることが大切です。

また、血液をサラサラに保ち、新陳代謝を促進すること、 さらに、肝臓、腎臓の機能を助けるサプリで補うのも効果的です。

プリン体は最終的に肝臓で分解されて尿酸となり処理されますので、 肝臓の働きを助けるセサミンは肝臓で生成された尿酸を血液に排出する助けになります。

またセサミンは血液の流れをよくし代謝を高める効果がありますから、 血液に流れ出た尿酸を体外に排出する助けにもなります。

DHAやEPAなどの魚油からの必須脂肪酸も痛風に有効という結果が出ています。

さらにビタミンEは上記必須脂肪酸を安定させ、 また血液の流れをスムーズにしたり、抗炎症作用、脂質の酸化防止作用がありますから
このような成分と一緒になったセサミンのサプリメントを摂取することで 痛風の予防や改善効果をみることができるでしょう。

トップに戻る