セサミンとは?
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンとは?

セサミンとはゴマに含まれている抗酸化作用の高い成分のことです。

ゴマの成分の一つにゴマリグナンという 植物エストロゲンの一種の栄養成分がありますが、 非常に強い抗酸化作用があります。
このゴマリグナンに含まれている成分の一つがセサミンなのです。
しかし、このセサミン、ゴマの中に0.5%しか含まれていないのです。

ゴマ1粒の成分は脂質が半分以上を占め、たんぱく質、炭水化物、 灰分、水分の順に割合を占めています。
セサミンとなるとさらに微々たる量しか含まれておりません。

ですから、非常に高い抗酸化作用を持つセサミンですが、 身体に効果をもたらす量を補おうとしてゴマ自体を食べると、 非常に大量のゴマを食べる必要があり、 今度は脂質の摂りすぎに注意しなければなりません。
それでセサミンのみを抽出してその効果を凝縮させた サプリメントが注目されているわけです。

ところで、このセサミンが持つ強い抗酸化作用とはなんでしょうか?

抗酸化とは簡単に言うと身体が錆びるのを防ぐ効果のことです。

人間の体内では日々細胞が作られ、分裂し、入れ替わっていますが、 細胞が作られると同時に活性酸素も作られています。
この活性酸素が細胞のDNAに傷をつけて細胞を損傷します。
その結果老化の様々な症状を引き起こしたり、細胞が悪性化し がんやその他の病気を引き起こしたりします。

しかし、この活性酸素、全くの悪者というわけでもありません。
白血球に働きかけ感染防御の役割を助けたり、 末梢血管の血流を促したり 体内の生理機能を整えてくれる機能があります。
ですから適度な活性酸素は体内にも必要なものなのです。

ところが、紫外線、放射線、大気汚染、その他の環境の影響や 過激な運動、心理的ストレスなどで 身体の中で活性酸素の作られる量が増加したり、 反対に歳をとることや栄養不足、その他の影響で 抗酸化作用のある物質が体内で作られる量が減少したりして 両者のバランスが崩れると、 身体の中で活性酸素を適切に処理しきれず細胞が酸化し始めます。
それが老化の症状となって現れたり、 様々病気を引き起こしたりするわけです。

セサミンの抗酸化作用はそのような体内の必要を補い、 様々な部分の回復に効果をもたらすことがわかっています。
これから一つずつご紹介していきますので、ご期待ください!

トップに戻る