セサミンと他の栄養素との食べ合わせ|セサミン完全ガイド
口コミとランキング
厳選&比較

セサミンと他の栄養素との食べ合わせ

セサミンには抗酸化作用があり、特に中高年以降の人には必要な成分です。
しかし、セサミンだけを摂っていればいいというわけではなく、同時に一日3回の食事にも配慮する必要があります。

では、セサミンとそれ以外の栄養素では、どのような食べ合わせが良いのでしょうか?セサミンには強い抗酸化作用があります。
そのため、相性の良い栄養としてまずはビタミンEが挙げられます。
ビタミンEにも抗酸化作用があります。
セサミンと同時に摂ることで相乗効果が期待できます。

ビタミンEと言えば、あんこうの肝や卵、ナッツ類に多く含まれています。
ひと口大にちぎったレタスに細かく砕いて炒ったナッツ類をトッピングし、すりごまとドレッシングをかければ、最強の抗酸化作用のサラダが作れます。
EPAやDHAもおすすめです。
EPAは血液をサラサラにする働きがあります。

鯖やカツオなどに含まれていて、健康な血管を保持してくれます。
DHAは、血流を促進したり、脳神経を活発にする働きがあります。
マグロや鰤に多く含まれていて、セサミンとの食べ合わせも問題ありません。

お刺身にしても焼き魚にしても醤油で食べる人が多いでしょうが、醤油の中にすりごまを混ぜてみてはいかがでしょうか?
カツオのお刺身なら、ポン酢も合います。
ポン酢とすりごまも相性は良いので、混ぜてみてはいかがでしょうか?積極的に組み合わせると良い食べ物ですよ。

トップに戻る