高齢者がセサミンを飲んでも大丈夫なの?|セサミン完全ガイド
口コミとランキング
厳選&比較

高齢者がセサミンを飲んでも大丈夫なの?

セサミンの最大の特徴は抗酸化作用です。

これは、文字の通り、身体の酸化を予防することです。
酸化が起こるとは、例えば鉄が酸素によって錆びることを指しますが、人の身体も鉄のように錆びてしまい、老化の原因になります。
人の身体は60兆もの細胞からできています。
それが、活性酸素の働きによって酸化し、本来の機能が低下して臓器の働きが鈍くなり、ハリや艶を失わせます。
疲れやすくなったり病気になりやすくなったりするのも、活性酸素によって酸化するためです。

セサミンのもつ抗酸化作用は、肝臓の中にある活性酸素の動きを抑えて細胞が酸化するのを防ぎます。
これが、老化の防止につながります。
本来、人は活性酸素を増やさない抗酸化物質を作り出す力を持っていますが、年々その機能が低下していき、40歳以上になると急降下すると言われています。

そのため、セサミンは、特に40歳以上の中高年に摂取してもらいたい成分です。
高齢者も同様です。
ただし、高齢になると、血糖値や血圧を下げる薬を日常的に飲んでいるケースが多く、そういった場合に、セサミンとの飲み合わせが気になります。
常備薬にセサミンと同じような効果が含まれている場合、過剰摂取になって副作用が起きる可能性もあります。

常備薬との相性もあるため、まずはかかりつけ医に相談した方が良いでしょう。
その上で問題なければ、年齢に関わらず、セサミンはどなたにでも推奨できる成分です。

トップに戻る