肝機能をサポートするセサミン|セサミン完全ガイド
口コミとランキング
厳選&比較

肝機能をサポートするセサミン

かつてより健康食品としても注目されているゴマですが、身体にとって幅広い優れた作用をもたらす成分として広く認識されています。
しかし、ゴマはカロリーが高く効果を体感できるまで摂取すると肥満への繋がりも心配されます。
そのため有効成分がバランスよく含有されたゴマが主成分のセサミンサプリメントが推奨されています。

セサミンサプリを選ぶポイントとして大切なことはセサミンの「含有量」です。
きちんとセサミンが配合されていないと効果を実感することは出来ません。
セサミンの含有量の目安は一日10MGが理想といわれています。
サプリメントではなく、食品から摂取する場合も同量の摂取量を求めることが望ましいでしょう。

セサミンは強い抗酸化作用が特徴です。
抗酸化作用には年齢とともに増加する活性酸素を抑制する効果があります。
そしてこの抗酸化作用が最もヒトの身体の中で効果をもたらす臓器は「肝臓」です。
抗酸化作用をもつ食品やサプリメントは数多くありますが、肝臓まで抗酸化作用が届く成分は唯一セサミンだけといわれています。
肝臓はヒトの身体の中でも大きな臓器でや体内で蓄積された毒素、アルコールなどの有害物質などを分解し排出する役割を担っています。

肝臓は体内の臓器の中でも機能性に優れています。
高い機能性をもつ臓器であるからこそ活性酸素も多く生成されるのです。
しかし肝臓には活性酸素を除去する「SOD」と呼ばれる酵素を生成する仕組みが備わっています。
SODは私たちの健康を守り健やかに過ごせるようにサポートしてくれる役割を持っています。
しかしこのSODも20代後半頃からゆっくりしたペースで減少し40代にはSODの働きも急激に衰えてきます。
このような身体の仕組みから、加齢とともに体内には活性酸素が増加することが理解できます。

セサミンの持つ強い抗酸化作用がこのSODの働きと似た働きを担い身体に優良な効果をもたらします。

トップに戻る